読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貰えるお金①

国や自治体には実に様々な制度、助成金などがあります。
それらを利用するには、まずはどんなものがあるのかを知って
申請をしなければいけません。
これを面倒と感じ敬遠するのは、とてももったいないことですよね。
こうしたお金の原資は、私たちが納めている税金や社会保険料です。
使えるものは上手に利用すべきでしょう。
またどんな制度があるのかを知っておくだけで、実はお得。
なぜなら、いざというとき公的な助けが得られることがわかっていれば
不安に駆られて過剰に保険に加入する……ということを防げるからです。

では実際にどんな制度があるのか、いくつかご紹介しましょう。

●高額療養費制度
病気やケガで入院をすると、医療費が高額になることがあります。
そうした際に医療費の負担を軽減できるようにしたのが「高額療養費制度」。
1カ月の医療費が一定額を超えた場合、その金額が払い戻されます。

この制度で忘れられがちなのは、次の(1)~(3)の場合
負担額をさらに軽減する仕組みがあることです。
(1)1カ月の間に同一人が複数回受診
(2)1カ月の間に同じ世帯の複数人が医療機関を受診
(3)直近の12カ月間に高額療養費の支払いが4回以上

特に(2)は見落としがちですので、注意が必要です。該当する可能性があるなと思ったら
一度家族全員の医療費を調べてみてください。

●医療費控除
家庭内で1年間に医療費が10万円以上かかった場合、所得からその分を差し引き税金
を軽減してくれるのが「医療費控除」です。

対象になるのは、病院、歯科医院などの治療費、入院費、医師の処方箋による薬代
などだけではありません。市販の風邪薬や胃腸薬、治療のためのマッサージ
鍼灸代、通院時の交通費、妊娠と診断されてからの定期検診や検査などの費用
レーシック手術費用なども対象となります。
控除を受けるには確定申告が必要です。世帯で一番所得の多い人が申告するといいでしょう。

これらの仕組みを維持するのには税金や社会保険料です。
未納や支払いの手間を省く為にも当社仕組に加入して頂ければ
支払の煩わしさからも解放されます。
厚生年金に加入相談はこちら☟
t.yokoi@imple.net